9/28(木)音読集会&クイズ大会

9月28日(木)、中1による音読集会がありました。

国語の教科書に載っている米倉 斉加年の「おとなになれなかった弟たちに」を、声量や間の取り方を工夫しながら読んでくれました。場面の情景が想像できる、すてきな音読でした!!

また、スクールパフォーマンスのスローガンも発表され、今年度のスローガンは「練習は100点を目指せ、本番は100点を超えろ」に決まりました。

昼休みには、企画委員によるクイズ大会、9月の生活目標でもある「きまり」をテーマにしたクイズが出題されました。

スクールパフォーマンスの準備で忙しい中ですが、全学年で交流できるよい時間となりました。

 

元在校生からのメッセージ

目黒美桜さん(左側)と時任千笑(右側)さん

**時任千笑(ちえみ)**
グアム日本人学校で過ごした学校生活は私にとって、夢のような時間でした。毎日がとても楽しく充実しており、学校に行きたくない日など一日もありませんでした。学年を超えて友達との絆を深め、自由な雰囲気の中でのびのびと成長できました。今でもグアム日本人学校の友達は、私にとって誰よりも自然体でいられる家族のような存在です。
 勉学面でも日本の学校と同等の教育が受けられる上に、ネイティブの先生による英語の授業もあり、日本語も英語もしっかり学べる環境でした。先生方の手厚い指導のおかげで、日本の生徒たちに遅れをとることもなく、第一志望の高校に合格することができました。現在、私は建築系企業への就職を考え、将来は世界中を飛び回ることを夢見ています。
 今振り返ってみても、ここでしか経験できないことがたくさんありました。在校生の皆さん、今の恵まれた環境を最大限に活用し、グアム日本人学校で過ごす時間を精一杯楽しんでください。日本語も英語もしっかり学ぶことができ、楽しく仲間と過ごすことができ、そして一生の思い出ができる最高の学校です。これからもグアム日本人学校がそんな素敵な学校であり続けることを願っています。

**目黒美桜(みお)**
 グアム日本人学校に通った経験は、私にとってとにかく楽しい思い出で溢れています。生徒数は少なかったけれど、そのおかげで家族のように大切に思える友達ができました。今でもグアム日本人学校で出会った友達と連絡を取ったり会ったりしていて当時の思い出話で盛り上がっています。
 休み時間になると校庭にあるフルーツをみんなでとって食べたり、いろんな学年の子たちが混ざって鬼ごっこをしたりなどグアム日本人学校ならではの楽しい経験ができました。また少人数制だからこそ自分の得意な教科は伸ばすことができ、苦手な教科やわからないことは先生が丁寧に教えてくださっていました。
 現在私は日本の美容専門学校に通っていて、将来はメイクアップアーティストとして、世界中で働きたいと思っています。
 グアム日本人学校は本当に世界一の学校です。こんなにも保護者の方や先生、そして卒業生、在校生から愛されている学校は他にはないと思います。在校生には素敵な仲間とここでしかできない経験を楽しんでほしいです。
 私たちの母校がこれからも”世界一輝くグアム日本人学校”であり続けることを願っています。

PTA合同ボランティア ”Fight the Bite 2” 開催

9月16日土曜日に全日制と補習授業校のPTA合同でボランティア活動を行いました。

教室の窓に網戸がなく、窓を開けると虫が入る可能性があるということで、先生・生徒・保護者の有志により合計22カ所分のスクリーンを作成し、各教室の窓に取り付けました。

本来は5月の終わりに予定していましたが、台風被害のため延期になっていました。ご協力いただいた皆さま、本当にどうもありがとうございました。

  • ボランティア活動の最後に集合写真 お疲れ様でした!

【補習校】学年紹介~中学部3年生~

 中学部三年生は2名と少ないですが、「将来に生かせる国語クラス」となるように、一緒にがんばっています。2学期初めに、環境問題について考え発表する学習をしました。卒業まであと半年。卒業後の進路を見通しながら、さらに日本語力を高めていけるようにしたいと思います。