小学部閉鎖の措置について

平素より、学校の教育活動にご理解ご協力を頂きまして、誠にありがとうございます。

先週より、幼稚部・小学部合わせての体調不良者が増加傾向にあります。11月1日(金)は、小学部3年生で学級閉鎖の措置を取ったところです。

11月3日(日)の情報収集の結果、小学部では11月4日(月)に13名の欠席が確実ということが分かりました。これは小学部児童数の約25%に上ります。土日での発熱者は少なくても7名です。これ以外にも、先週金曜日の段階で咳をしている者や体調が万全でない者も散見されました。

この状況で月曜日に通常通りの登校をすると、今後ますます体調不良者が増加する危険が高いと判断しました。そこで、11月4日(月)、11月5日(火)は小学部閉鎖の措置をとらせていただくことに致します。

急な決定で申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。また、この二日間は外出を控えご家庭で過ごさせるなど、体調管理にご留意いただけますよう、よろしくお願いいたします。

なお、11月6日(水)は平常授業となります。

追記:発熱者は、インフルエンザに感染している可能性が高いです。極力、医師の診断を受けてください。診断の出た者は、欠席扱いではなく、出席停止扱いとなります。

また、インフルエンザと診断された場合は、解熱後2日間は、出席停止扱いです。(解熱した日を含めて3日間は、ご家庭で安静にしてください。)

例:「火曜日の朝は熱があったが、昼過ぎには熱が下がった。そのまま、上がることは無かった。」という場合は、火・水・木は登校せず、金曜から登校させてください。

カテゴリー: 全日制 パーマリンク