グアム日本人学校 ( 幼稚部・小学部・中学部 )

                                    グアム日本人学校は平成元年(1988年)に開校しました。グアム日本人会により設置されグアム政府から認可された私立学校であり、文部科学省からも認可を受けた在外教育施設です。
本校は、幼稚部、小学部、中学部から構成されています。小学部と中学部は、文部科学省から派遣された教員(派遣教員)と現地採用の教員により、文部科学省の学習指導要領に合わせ、日本国内の学校と同じカリキュラムの、日本語での授業を行っています。特に国語(日本語)教育には、国内の学校以上に力を入れています。
また地元(グアム)の高校に進学する生徒が多いこともあって英語教育にも重点をおいています。小学部1年生から、ネイティブ教師による英語での英語授業を週3時間実施しています(中学部はさらに週4時間、日本人教師による授業もあります)。このことは、日本国内の公立学校と大きく異なる特徴の一つです。

昨年度から、ネイティブの先生に、英語で現地数学を、復習の形で教えていただき、担任の先生に補助をしていただく、Mix算数数学を実施しています。

さらに、現地のショッピングモールにて日本文化(折り紙、和太鼓など)を実演したり、児童生徒の作品を展示したりしています。本年度再開される日本人会の秋祭りにも参加する予定です。運動会やスクールパフォーマンスで披露した踊りや演奏を再び披露して、現地の人たちに喜んでもらいます。

現地の学校とも、お互いに行き来して、交流を深めています。本年度は、Father Duenas Memorial School、Southern High School、Benavente Middle School とすでに交流をしました。

校訓 『夢があり 羽ばたく子』

深く学ぶ子  共に生きる子  がんばりぬく子

が教育目標(目標とする児童生徒像)です。

所在地: 170 Terao Street Mangilao, Guam 96913 U.S.A
電話:  1-671-734-8024
E-mail: thejapaneseschoolofguam@gmail.com (小学部・中学部

令和4年2022度 幼児・児童・生徒数